出産内祝いは何をあげる?

出産内祝いとは

出産内祝いは、元々は子どもが誕生した喜びを周りの人たちと分かち合いたいという意味から、自分の家のお祝い行事の一環として行われていたものでした。

つまり、出産内祝いというのは、赤ちゃんを親戚や親しい友人知人にお披露目するお祝いの意味だったんですね。

内々のお祝いということから、内祝いと呼ばれていたのです。

しかし、出産内祝いは、現代では出産祝いのお返しという位置づけになっています。

赤ちゃんが生まれたら、いろいろな人から出産祝いをもらいますよね。お祝いをもらった人に、感謝の気持ちを込めて贈るのが現代の出産内祝いということになります。お返しですから、もらったものの額以上のものを贈るとかえって失礼にあたるもの。

ですから、出産内祝いの相場は、もらった出産祝いの3分の1から2分の1程度が良いと言われています。

1万円のものをもらったら3000~5000円程度、5000円のものをもらったら2000~2500円程度がちょうど良いでしょう。

出産内祝いのギフトならマイだっこ

出産内祝い

出産内祝いの好適品

出産内祝いに何を贈ったら良いかには、悩むこともあると思います。

一般によく選ばれているのは、コーヒー、お茶、お菓子などの食品関係です。

食品ならあとに残りませんし、もらった人も困ることはあまりありません。ただし、飲み物やお菓子は好みもあります。

小さいお子さんがいるご家庭ならジュースやクッキーなどは喜ばれますが、そうでなければあまり嬉しくない人もいるかもしれません。

それだったら、調味料やお米などの方がいいですね。果物という選択肢もあります。

その他に、日用品も出産内祝いによく選ばれています。

たとえば、タオル、入浴剤、石けん、洗剤など。こうしたものはいくらあっても困りませんから、もらうと嬉しい人が多いでしょう。

なお、出産内祝いののしには、赤ちゃんの名前を書くというならわしがあります。

赤ちゃんのお披露目という本来の出産内祝いの意味がここに表れていますね。